POSレジを操作する店員

クラウド型のPOSレジで複数店舗の売上から経費まで一括管理しよう

タブレット端末

複数店舗を運営する会社や事業主にとって、日常的な損益管理は非常に重要な業務であり、得られたデータを速やかに経営にフィードバックすることで利益アップだけでなく、損失の発生を抑制することができます。しかし、複数店舗に経理スタッフを配置する余裕がない、会計データをリアルタイムで集約したいというのであれば、最新の飲食POSレジを導入しましょう。
最新の飲食POSレジには、クラウド型のものもあり、インターネットを利用してリアルタイムでのデータ共有ができます。つまり、セルフオーダーによる注文データと精算データが自動的に集計され、日々の売上を容易に把握できます。また、店舗運営で日々発生するのが人件費であり、POSレジの勤怠管理機能により基本給と時間外手当も自動で集計できます。また、店舗ごとに発生する諸経費が経理スタッフでなくとも登録しやすく、受け取った請求書や支払データを集計することで店舗ごとの損益管理といった管理会計も可能になります。日々の管理や店舗ごとの管理により得られたデータから改善が必要な問題を把握することができ、メニュー見直しや不足する労働力の補填も行いやすくなります。また、店舗ごとの損益管理を行うことにより各店舗の管理者が危機感を持って店舗運営を行ってくれるなどの副次的な効果もあります。

  • レジの中のお金

    様々なデータ分析ができるPOSレジの魅力

    どこのお店でも、お客様との金銭授受のためにレジが導入されています。しかし、POSレジはまだ導入していないというお店も多いのではないでし…

    詳細を見る

  • レジ打ち

    POSレジを導入してレジ作業を効率化しよう

    POSレジと従来のレジの違いは何でしょう。従来のレジは100年以上前にアメリカで開発されました。レジスターという名は、登録、記録すると…

    詳細を見る

  • 商品管理

    POSレジでメニューも一元管理!タブレットを一斉更新!

    複数店舗の飲食店を経営する会社にとって、メニューの入れ替えは意外に手間のかかる作業になります。紙ベースのメニューの場合、営業終了後もし…

    詳細を見る

  • タブレット端末

    クラウド型のPOSレジで複数店舗の売上から経費まで一括管理しよう

    複数店舗を運営する会社や事業主にとって、日常的な損益管理は非常に重要な業務であり、得られたデータを速やかに経営にフィードバックすること…

    詳細を見る