POSレジを操作する店員

POSレジを導入してレジ作業を効率化しよう

レジ打ち

POSレジと従来のレジの違いは何でしょう。従来のレジは100年以上前にアメリカで開発されました。レジスターという名は、登録、記録するという意味です。主に金銭のやり取りをする機器として長い間活躍しています。その機能がさらに進化したものがPOSレジです。POSレジを導入する事で、金銭をやり取りした記録がインターネットのクラウド上に残ります。販売の情報がすぐに反映されるため、いち早い販売状況が分かります。さらにポイントカードやキャッシュカードなどでやり取りした際にはすぐに顧客の情報が判明します。また従来のレジで有りがちだった打ち間違いによる金額の誤差もPOSレジの導入で防ぐことも可能です。それはつまり不正防止にも役立つという事です。またPOSレジと一言で言っても、様々な形態の店舗に対応した多彩な物が出揃っています。例えば大型量販店には、同時に使用ても、不具合が生じにくいPOSレジが向いています。また飲食店ではオーダーを取るハンディ付きや、注文が出来るタブレット端末付きの物も有ります。特に飲食店では持ち帰りの際と店内で飲食する場合の税率が変更になるため、従来のレジよりもPOSレジが非常に便利です。まずはどんなPOSレジが向いているのか相談してみましょう。無料の資料請求やすでにPOSレジ導入済みの店舗見学ができる業者を選びましょう。

  • レジの中のお金

    様々なデータ分析ができるPOSレジの魅力

    どこのお店でも、お客様との金銭授受のためにレジが導入されています。しかし、POSレジはまだ導入していないというお店も多いのではないでし…

    詳細を見る

  • レジ打ち

    POSレジを導入してレジ作業を効率化しよう

    POSレジと従来のレジの違いは何でしょう。従来のレジは100年以上前にアメリカで開発されました。レジスターという名は、登録、記録すると…

    詳細を見る

  • 商品管理

    POSレジでメニューも一元管理!タブレットを一斉更新!

    複数店舗の飲食店を経営する会社にとって、メニューの入れ替えは意外に手間のかかる作業になります。紙ベースのメニューの場合、営業終了後もし…

    詳細を見る

  • タブレット端末

    クラウド型のPOSレジで複数店舗の売上から経費まで一括管理しよう

    複数店舗を運営する会社や事業主にとって、日常的な損益管理は非常に重要な業務であり、得られたデータを速やかに経営にフィードバックすること…

    詳細を見る